どうもローンイマイです。



前記事で書こうと思って時間無いんで途中で終わってしまった「ゲーム株とメタバース」の事を書きます。



メタバースと半導体について先日記事にしました。

この記事だけだと、具体的にどう投資して良いか分からないでしょうから、関連銘柄含めて記事にします。




ソニー急落と最大規模買収

米マイクロソフトが、ゲームソフト大手の米アクティビジョン・ブリザード(ティッカーコード:ATVi,NADAQ)を約8兆円(7.8兆円 全額現金) で買収すると発表しました。

これは、ゲームの歴史上で最大規模の買収です。

アクティビジョンは、「Call of Buty」などのゲームソフトで有名で、
CALL_OF_DUTY

年間売上が9000億~1兆円で、営業利益率が40%弱と高収益の優良企業だったんですが、近年は社内のセクハラ問題などが原因で株価はずーっと下がってました。

今回マイクロソフトが買収した事により、テンセント、ソニーグループに次ぐ、世界第三位のゲーム会社になりました。

これでソニーのゲーム事業の優位性とエンタメのメタバース事業で、ソニーが不利になるとの思惑から売られたと想像します。(あくまでも想像で当たってるかは知りません。)

ソニー暴落



アクティビジョン・ブリザード<ATVI>
https://www.bloomberg.co.jp/quote/ATVI:US
アクティビジョン・ブリザード

アクティビジョン・ブリザード-logo



ゲームとメタバース

メタバースを支える技術の多くは、特にオンラインゲームの世界でAI(人工知能)、仮想マーケットプレースなどのノウハウが使えて非常に相性が良いとされてます。

今回の買収は、メタバースの布石として評価されてるんですが、

マイクロソフトが本気でエンターテインメントを核とする巨大なメタバース空間を作るという宣言でしょう。

元々マイクロソフトは、メタプラットフォームズ(旧Facebook)がメタバースをやると言ったときに、「うちもやるよ!」と宣言しておりました。

マイクロソフトはネットキャッシュ(※)でも9兆円近くもっており、

(※)手持ち現金+短期運用の有価証券-長短の負債

これでゲーム会社の評価がガラっと変わるでしょうね。
実際に、マイクロソフトのCEOが「ゲームはメタバースの構築で鍵となる役割と担う」と発表資料で説明しました。

この影響で日本のゲーム会社も株価上がりましたが、アメリカも上がってます。

ただ、足元のファンダメンタルズは、日本のゲーム会社ってあまり良くなかったです。
(なので急騰した後に落ちてきてます。)

それは任天堂SWITCHで年末年始の2週間で39万台売れてますが、前年同期は59万台なので、30%減だったり、

またソニーのプレイステーション5の供給が遅れてるので、関連のゲームソフト会社も計画が全部修正になってます。

今回のような買収が1回で終わる訳では無いでしょうし、マイクロソフトのようなプラットフォーマーがゲーム会社に積極的に出資、買収する動きが今後でてくるだろうと

メタプラットフォームズもマイクロソフトと同様にしてゲームソフト会社を買収する事は可能性もあると考える人が多くなれば、それはゲーム会社の価値が上がる訳で株価は上がるでしょうって構造です。




日本ゲーム業界の問題点

日本の多くのゲームメーカーは、ソニーのプレステ、任天堂など家庭用ゲーム機向けの売上比率が大きくて、半導体が足りないや、需給見通しを見誤ると急に品不足になったりでハードウェアの供給に振り回されます。

やはり日本のゲームメーカーの経営の問題点は、人気ゲームが出るとハードが足りなくなって誰も買えなくなってしまうビジネスモデルだと思います。

一方で、アメリカだとアクティビジョン・ブリザード、マイクロソフトなどのゲームメーカーは「家庭用ゲーム機」向け、「パソコン」向け、「スマートフォン」向けなどにバランス取れた売上構成になってます。

またパソコンはそのスペック次第でゲーム環境になり、お金を積んでゲームPCの性能を上げて使えれば、プレステなどよりも良い環境でゲームが出来ます。

任天堂であれば優良ソフトの過去資産がバカでかいにも関わらず、PC向けだ、スマホ向けを提供しようってやってなくて、

後だしでも、あつまれ動物の森とかをPC向け、スマホ向けに出せば、新興国で売れるのにやりません。

あくまでも人気が出ればすぐに品不足になる家庭用向けのビジネスモデルを守ってます。



20210531_dime_KW01-770x448


一方で、マイクロソフト傘下のゲームソフト会社って、Xboxだけの移植だけなくて、プレステ向けの移植も認めます。

そして必ず Windows  向けの移植もやります。

なので、Xbox のハードが不足しても、Windows 向けでソフトは売れます。

(なので、ゲーム好きは、PCは、 Mac でなくて、Windows を使う人が多いですけどね。)

こういう柔軟な考え方と収益追求を、任天堂の経営陣はまるで持ってなくて、人気が出るとハードの制約でいつも頭打ちになちゃいます。

この経営陣の考えでは、確実にメタバースは遅れます。



マイクロソフトの収益体質

マイクロソフトは、エクセル、ワード等のオフィス系のソフトを売り切りから、月額、年額定額制にする代わりに最新のソフトを提供し続けるというモデルに変えたら、これが大アタリで収益性が各段に上がりました。

OFFICE


Microsoft Azure(アジュール)というクラウドサービスも始めてから、これも大当りで、アマゾンのAWS (アマゾン ウェブ サービス) に次いで世界シェア2位です。

Azure


とにかく収益体質がバグツンで手元キャッシュが5兆円以上が常時ある状態で、買収資金には事欠きません。

また去年も700億ドルのバイバックも発表してます。

そして今回の買収が最後とも限りません。

一方でソニーはネットキャッシュはイマイチで、資金調達をしないとアクションが起こせません。

あまりに知られて無いですが、ソニーのプレステ5を20年の11月に発売したのは、その時点ではプレステ4は全然使えて、ユーザーも沢山いたのに、発売せざるを得なかったのは、マイクロソフトがXboxを発売したからです。 Xboxは欧米で非常に人気があります。


成長予想

メタバース市場って、去年初頭でで500億ドル程度だったのが、アメリカのITコンサル会社の試算では、2030年には21兆7000億ドル規模となり、年平均成長率は40%弱に達する見通しだそうです。

あと、日本では全然知られてないんですが、先日記事で説明したメタバースの核となる技術の「デジタルツイン」分野も、実は年で38%も成長してます。

「デジタルツイン」の市場規模も、来年2023年では、160億ドル市場になるとも言われてます。

デジタルツイン



メタバース関連企業

メタバースって裾野が広いんで、影響する銘柄が多岐に渡るんですが、

大所だとTSMC、エヌビディア、マイクロソフトなんかになりますが、

これらの企業は元の規模がデカいんで、1年で数倍の株価なんてのは難しいんで、

メタバースでまとめた関連銘柄と、その中で一部銘柄を説明します。


図:メタバース関連企業
メタバースまとめ

ちょっと説明すると、

メタバースって自社でアピールしなくても、確実にメタバース関連だと分かるところもあります。

その1つで、ソフト関連だと


オートデスク

オートデスク-logo


ここは、足元の業績はイマイチなので、株価は現状では大した事ないので狙い目かも知れません。

デジタルツインで、CAD、CAM(※)で3次元の空間に本物同様に作りあげたり、設計図そのものを3次元で立体的に見れます。

(※)
CAD(Computer Aided Design)設計支援
CAM(Computer Aided Manufacturing)製造支援
CADで制作した図面をもとに、工作機械のプログラムを作成するシステムのことをCAMと言います。
ちなみに私は20年近く前に、CAD・CAMを使って仕事でプログラムをしてた時期があります。
例えば、自動車の躯体なんかの設計だとかは、CAD・CAM使って設計するはずです。


そして、VRゴーグル付けて設計者自身でその中に入っていきます。

先日も記事で説明しましたが、本物同様のものをメタバース空間に作って色々なシュミレーションが出来るので、工場の運営、教育研修にも革命が起きます。

デジタルツイン2

デジタルツイン3



オートデスクだと3Dアニメの開発ツールもやってます。

ただ会社は特に発表はしてません。


◆ユニティ・ソフトウェア<U>
ユニティ・ソフトウェア

UNITY

ユニティ・ソフトウェアは、ゲームソフトの開発ツールの大手で、去年VFXスタジオを買収してて、メタバースの構築会社にすると言ってます。



◆エヌビディア<NVDA>
エヌビディア

エヌビディア-logo

パソコンのGPU(※)なんかを作ってる最大手ですが、

エヌビディアも、昨年11月の決算説明で、仮想空間を共同作業の場とするプラットフォーム「オムニバース」のサブスクリプション(定額課金)での提供を開始を説明して、その日のうちに株価大幅高でした。

ちなみに、エヌビディアの先端GPUは、AIの駆動には一番良いと論文で発表されてます。

※Graphics Processing Unit
3Dグラフィックスを描画する際に必要な計算処理を行う半導体チップ。

AIにもGPUは使えて、CPUへの投資よりも良いんだそう。




◆ロブロックス<RBLX>
ロブロックス
ロブロックス-logo


ゲームだとロブロックスが注目されてて

素人のゲームユーザーが作ったゲームをそのサイトの上において、そのゲームができるようになって
まだ赤字ですが、売上が年率で倍になってます。



◆アクセンチュア<ACN>
アクセンチュア

アクセンチュア-logo


ITコンサルだとアクセンチュアです。

こういう儲かる話が出て来るとコンサルティング会社が必ず暗躍してきますw
早くもメタバース支援事業を立ち上げてます。

あとは図に示した通りですが、どうしてもメタバースはアメリカが中心になってしまいますね。

今回は以前メタバース記事の時に書けなかった個別銘柄にまでふれる事ができました。

あと投資は自己責任で行ってください。


では、では。


ちゃんちゃん。