どうもローンイマイです。


新年1発目は私の風俗記事を出したんで、2発目は適当にかきます。






お金と幸福度


ダニエル・カーネマンというノーベル経済学賞を受賞した経済学者の研究で、

「収入と幸福度の関係」 というのがあります。

収入の低いうちは、収入が増える に比例して、幸福度が増していきます。

年収100万より200万、400万よりも500万・・と年収と幸福度は比例したそうで、

ところが、一定の収入に達すると、収入が増えても 幸福度は増さなくなります。

これは2008~2009年にアメリカで45万人を対象した結果で約800万円で幸福度は頭打ちになったそうです。

収入と幸福度





日本でも同様の研究があって、年収700万円を超えると幸福度の増え方は一気に鈍化するそうで、

年収100万では食うのも苦しいので、10万増えると幸福度の伸びは大きいけれども、700万あれば普通に食うには困らないし、710万円に年収が増えても税金も増えるし、そんなに変わらないって事じゃないかと。


さらに1億円以上の世帯の幸福度は、700万円以上1億円未満の世帯よりも幸福度は低くなったそうです。

給料が増えるとその分だけ時間が無くなり、ストレスが多くなったり、体力が奪われたりするって言うのが大きいみたいです。

ただ幸福度の鈍化する年収って、人種、性別やその人の価値観でもかなり変わるそうです。




人生において

「お金」、「時間」、「体力」

の3つが揃ってる人って、あまりいないと言われてます。

若いうちは「時間」も「体力」あもるけども、「お金」があまり無い

社会人になって一生懸命仕事して「お金」は増えたけども、「時間」が無かったり、

「お金」、「時間」ができても、年齢的に「体力」が無かったり、

「お金」って凄く重要だし、幸福の必要条件なんだけども、十分条件じゃない。



2021年の後半は投資記事を結構書きました。

まさしく「お金」に直結する話ではあるんですが、幸せの必要条件を満たす為に読んでくれたらと思います。

私は2021年は凄く「体力」強化をしました。

筋トレは相当ハードにやって体脂肪率は20%くらいから10%前半まで絞りました。

特に腹筋をアイスモナカのようにしようと頑張りました。

まあ体力強化もあるけども・・脱いだ時に女の子にモテたいからの意識がいまだにあるからだからだが・・・






会計操作の見破り方


決算書AとBがあり

当期純利益が、

A:10億円の「黒字」
B:10億円の「赤字」

があれば、

誰でもAの決算書の「黒字」企業に投資した方が良いと考えるでしょう。

ところがA,Bの決算書は同じ企業で同じ期を別の人が計算した結果になる事が実際にあります。


「合法的な」利益の捻出や、利益の先延ばしは可能だし、会計基準の範囲内であれば問題が無いんです。

収入をなるべく前倒しで計上し、費用を先送りし利益を出してるように見せる事も合法的に可能だし、逆に利益が出てる事をなるべく隠し、利益を抑えようとする会社もあります。

この「トリック」を公開する事は、会計士ならばお得意様の企業や同業者を敵に回すし、自分の首を締めるような事になるので表には滅多に出ません。

しかし我々のような個人投資家は、その「トリック」を知ってるか知って無いかは、投資行動を行う上で重要になります。

そして投資で儲かる為には、「ホントの成長企業」を見極める必要があり、その為には「利益の質」を見抜く事が重要になります。

「利益の質」を見抜くには、決算書の読解力が必要となるのですが、

決算書の読み方には「コツ」があります。

その「コツ」を記事に出来たらと思います。





・・・・と、頭でタイピングして

その後に、「決算書」の基礎的な箇所から、

企業の利益が、その会計処理方法で簡単に変わる事や、決算書で見るべき注意点ポイント、手心の加え方から、会計操作されるポイントなどをタイピングしてました。

気づいたら 45分もタイピングしつづけたんですが、全然書き終わりません。

45分もタイピングして1/4くらいです。

「ホントの成長企業の見分け方」という記事のタイトルにして、

決算書にオブラートをかけた 見せかけで利益が伸びてるようにみせてる「ナンチャッテ成長企業」と「ホントの成長企業」の違いとか

新年1発目の「勝ち方教室」「インベスター日記」にでもしようと思ったんですが、

冷静に考えたら、「決算書」の読み方とかそんな面倒な記事読みたい人なんていないなと思いました。

需要の無い記事をこれ以上タイピングしても仕方ないので、もし需要があるようであればコメントで教えて下さい。

1/4も書いてしまったので、残り3/4は書かないにしても 多少まとめたら出しますんで。




投資初心者の方へ

ちょっと先日、投資記事のコメント見て気になったんですが、

「投資初めて2ヶ月で収益がプラスにならないので、投資額を減らして勉強したい・・」とあったのですが、


勝ち方教室1回目でも書いたんですが、


投資始めて、収支が完全にプラスになると思うまでは、最低単元でやった方が良いですよ。

仮にスイングならば、1ヵ月単位でみて収支がプラスになるのが、「6ヵ月連続」くらい達成できてから、投資額を増やすくらいでいい気がします。

これも上記で書きましたが、どうしても勉強するならば、上記にお勧め本を書いたので投資しながら同時並行でやるべきです。

それは市場で何度も勝ちも負けも繰り返して、大きな失敗も経験する事が「最高の勉強」になるからです。

そしてこの大きな失敗をする時に、低い投資額でやってればいいんですが、
大きな投資額でやってると回収に凄く時間がかかってしまいます。

「6ヵ月」と上記で書いたのは、半年の間に何度も何度もトレードしてれば大きな失敗をするからです。

これはもし投資したての過去の自分にアドバイスできるならば、言いたい事です。

過去にも記事にした通り、私は20代の頃から風俗コンサルタントやらやったりで、割と手持ちがあったので、

⇒ 風俗コンサルタントと会社員
https://loanimai-fuzoku.blog.jp/etc/2015-01-06_FuzokuConsul.html

最初から普通に中古マンションは買える位は投資してたんで、
大きな失敗した時は、回収するのに時間がかかりました。


何度も私が記事の中で「損切りが重要」って書いてますが、

うちの記事を読んでる人で、損切りが重要と頭で分かっても、初心者の方では、損切りしないで失敗する人が出て来るんです。

それは痛い目にあってはじめて重要性が分かるんです。

損切りだけじゃなくて、記事で「これが重要」だとか書いても、多くの人は実際に失敗を経験しないとその重要性が分からないんです。

私も投資始めたてで全部頭では分かってた事も、最初は凄く調子良くて、調子乗ってる時に実際に大きく失敗しました。その為、大きく失敗した分の回収に時間がかかりました。
もっと少ない投資額でやってて・・この経験が出来てれば・・同じ失敗はしないのに・・と思ったものです。

失敗してはじめて、絶対同じ失敗はしないようなルール作りをしよう! とチェック項目を作ったりします。

そのチェック項目もずっと繰り返してると身体に身に付きます。

そして投資では、何度も何度も挑戦して失敗しても諦めずに続ける事が重要なんですが、
自分の資産の大部分を投資してると、資産が無くなれば市場から退場せざるを得なくなります。

いくら本を読んで勉強しようが、、市場の事は市場に聞けというくらい、実践の経験にまさるものはありません。

小さな投資額でやってれば、余裕資産の範囲ならば失敗しても再挑戦は可能です。

どの世界でも成功した人は、失敗を乗り越えた人です。


以前も書いた通り、私にとっての一番の教科書は、過去のトレード記録で、

なぜ、その銘柄を選んだか?いつエントリーしたか?いつイグジットしたか?

なぜ勝ったか?なぜ負けたか?

勝った時の良かった点、もっと、こうしたらもっと良かった。勝ちはしたけども偶然で同じ事は続かないとか。

負けた時は、何が悪かったか?こうしたら負けずに済んだとか。負けたけどもここは良かったとか。

これを繰り返して行くと、自分の勝ちパターン、負けパターンというのが見つかってきます。

「再現性がある」自分なりの勝ちパターンを集約していく事が投資で勝つ近道なんじゃないかと思ってます。

人が勧めた銘柄とか全く再現性が無いし、考えに考えて選んだ銘柄ならば、もし負けても意味があります。

あと失敗する時って、自分の悪い癖が出る時だったりします。

そんな事を意識した上で投資記事は読んでくれたら・・と思います。





では、では。


ちゃんちゃん。