どうもローンイマイです。



政治の話なので、興味無い方はスルーして下さい。



⇒ 今後の予想


⇒ 爆上がり中の話


のつづきです。


9月19日 0:00頃作った記事ですので、その前提で読んで下さい。


9月17日に自民党総裁選が告示されました。



私はやはり日本の経済成長に興味が一番強いので、



それには候補者がマクロの金融政策・財政政策を正しく理解してるか?が重要なのでそこをチェックしてました。


基本的に、ミクロの部分で個別の企業が幾ら頑張っても、マクロ政策が誤ってると全体としてダメになります。


企業でも個別の優秀な個人が頑張っても、役員である経営陣がダメだと企業も業績が上がらないのと一緒です。




最終的な立候補者は、

河野太郎さん

岸田文雄さん

高市早苗さん

野田聖子さん


です。






大穴


野田聖子さんは、


ダンナさんが元反社だったってのと、


毎回総裁選に出る為の20人の推薦人を集められないってのと、


小泉さんの郵政解散の時に反対して自民党を追い出されて安倍さんの時に復党したのと、


現在無派閥で、基本的に左派 ってくらい知識しか無くて、


森友学園問題を再度調査するみたいな主張で、


マクロの経済をどうするか?って事に触れてないので、よく分かりません。


今回の推薦人も大部分を二階さんの派閥からレンタルで借りたってようですが、


左派や女性からの受けは良いかも知れません。


まあこの人がなる事はまず無いですが、この人が出る事によって自民党員の中でも左派による女性票も流れるはずなので、


決選投票の確率がぐ~~っと上がりましたね。


本人からしたら、顔を少しでも売って選挙に有利にする事が大事なのかも知れませんが。。








本命


意外だったのが、


岸田さんで、親戚一同が財務省の人で、典型的な緊縮財政の人だったはずですが、


うってかわって、マクロの経済政策で、財政・金融ともに凄くまっとうな事を言ってました。


消費増税を問われて、


「10年程度は上げることを考えない」


「コロナとの共存段階で増税をいうと全部ガタガタになる。」と、


でも、「財政再建の旗はおろしてはならない」と、しっかり財務省、官僚の守旧派の支持が厚いだけあります。


霞が関の役人は圧倒的に岸田さん支持だと言われてるので、


首相になったら役人が協力するでしょうね。


役人の代表のような麻生さんが岸田さんをバックアップしてますね。



岸田さんが、今のところ議員数はトップだそう。






対抗


一方で、河野さんの会見をみましたが、前回コメントで河野さんはメチャクチャだったと書いてくれた人がいたんですが、


ここまでマクロ経済に疎いのか・・・愕然としました。


総裁




今のコロナ禍で流石に緊縮財政をする訳は無いでしょうが、平時にやらせたら民主党政権時みたいになるなと。


河野さんは昔は劇薬とまで自民党内で言われた人で、お父さんの洋平さんをボロクソに言ったり(私も同意見でした)


こういう守備に回らない人が必要だよなぁ~と昔は思ってました。



英語も非常に上手く、外務大臣としても頑張ってたし


個別具体的な政策になった時の実行力は非常にある人なので、早く経済の指南役を周りにつけて欲しいですね。


ちなみに、岸田さんの経済の指南役は、以前記事で書籍も紹介した山本幸三さんだそうです。


※日銀につぶされた日本経済
日銀につぶされた





小泉環境大臣、石破さん、菅総理が河野さん支持を表明してます。



小泉・石破さんは、河野さんと同じく積極財政には非常に消極的なので、日本を経済成長させる事は難しいでしょうね。


菅さんからしたら自分の政権下で、今回のワクチン普及から、脱ハンコなど頑張ってくれた河野さんを応援するのは心情的にも分かりますよね。


河野さんは、自民党議員でも特に上の世代にホント人気が無く、むしろ嫌いな人が沢山いるそうで、


甘利明さんもポロっとした発言から、河野さんが嫌いなんだなぁ。。と分かりましたね。


自民党員だと河野さんの支持が高いみたいですが、


決選投票になると議員票が重きを占めるので、野田聖子さんが出る事で一番被害を被るのは、河野さんでしょうね。










単穴?対抗?本命?


TV、新聞だと泡沫候補扱いですが、SNSなどのネット上での支持だとダントツ人気が高市さんなんだそうです。



高市さんはマクロ経済政策は 今後の予想①で 話した通りで、自国通貨建ての国としては世界的にごく標準的なことを言ってるなと。



安全保障も対中姿勢が明確ですね。



安倍さんは保守政治家でも右派の政治家と言われてましたが、


首相になっても靖国は参拝するなどの宣言からも高市さんはもっとずっと右ですね。


「財政黒字化はインフレ率2%達成まで凍結」ってのが、


財務省の役人が相当ピリピリきてるらしくて、


その意を受けて麻生さんが この発言に記者会見で文句言ってましたのが分かり易いですよね。


左派系メディアの朝日、毎日などは、


もし高市さんが上がりそうならば徹底して潰しにかかるだろうし、すでにそれも始まってますね。








安倍さんが支持してますし、対中姿勢がこれだけ明確だと自民党の中でも保守層が相当支持するでしょうね。


岸 防衛大臣も保守の政治家なので、高市さん支持を明確にしましたね。

※安倍さんの実弟。生まれてすぐ養子に出されて成人するまで安倍さんも弟だって知らなかったそう。












安倍さんは政局読みが凄いと言われてますが、高市さん票を取り巻めてるので、


仮に決選投票で、

岸田 vs 河野

になれば、高市さん票を岸田さんに回すだろうし、

高市 vs 河野

でも、岸田さん側は 高市さんに回る人が多いだろうから、


現状では、決選投票になると、河野さんが不利になるんですかね。。





私もそうですが、自分の身銭をきってる個人投資家ならば「財政黒字化はインフレ率2%達成まで凍結」ってのが、いかに経済上昇に繋がるかを アベノミクス 相場でたっぷり味わってますので、


ここは、高井さんに頑張って欲しいと思ってるでしょうね。。


もし今回ダメだったとしても、その次を狙って欲しいですよね。















自民党総裁選は、党内の事で公職選挙じゃないので、公職選挙法も関係ないので、実弾(お金)がずっと流れますが、今回はそんな感じでも無いですね。



それは前回も記事にしましたが、何と言っても総選挙がすぐにあるからで、


誰が総裁になるかで、自分が選挙に当選するか落選するかの命運がかかってるので、選挙の顔になってくれる人を選ぶんでしょうね。


まあ、政局の予想なんて政治評論家の人達も予想しても全然当たらない事だらけなので意味ないんですけどね。


個人的には、早く日本経済を成長路線に乗せて欲しいだけです。










自民党総裁選の仕組みを簡単に

(以下、引用。どっかのネット新聞)



国会議員票は1人1票で、計383票(衆院議員275票、参院議員108票)


党員票も同数の383票で、合計766票で争われる。


1回目の投票でいずれの候補も過半数に達しない場合は、上位2候補による決選投票。


この場合は、国会議員票383票と地方票47票(47の都道府県支部に各1票)で、得票数の多い方が総裁に選ばれる。


自民党員は約113万人 党員票も同数の383票


総裁選しくみ










29日投開票ですが、色々候補者の発言などを聞いてて、

(野田さんは、無いのでチェックしてないです。)


誰が総裁になると、どの銘柄が上がり易いかの見当をついてきましたが、まだ時間あるのでもっとじっくり調べたいです。







では、よいシルバーウィークをお過ごしください。




ちゃんちゃん。