どうもローンイマイです。



総裁選の候補の事で


⇒ こちらに書きましたが、


高市早苗さん、岸田文雄さん


が政策を出してきたので分析してます。



公示日が、9月17日(金)

投開票日が、9月29日(水)



河野太郎さんはまだ政策は沈黙ですが、

誰が総裁になったら、どのセクターのどこの株価が上がるかなど早く調べたいです。




今は、ミリオンゴッドなみに、コインをじゃんじゃん増やしてる人が多いと思いますが、

総裁選と総選挙の2つで、当面の風俗代は稼ぎたいと思ってます。








の続きでも書こうかと思いますが、どのテーマを書こうか。。。


・専業投資家じゃない、会社員だからそこ出来る投資先を見つける方法か

・インデックス、個別銘柄投資はどう決めるべきか

・億り人への最速法か

・誰にでもできる投資法か

・米国投資か。

・具体的な手法か?




このペースで書いてくと、いつになっても「具体的な手法」に辿り着く事が無いと思ったので、


あえて、具体的な手法について書いてみます。



投資の未経験者、投資初心者の方向けの記事ですので、経験者の方は当たり前の事なので読むだけ時間の無駄です。



私が何度も投資する上で重要だと話した方法は「損切り」です。


投資スタイルは人それぞれなので、あくまで私のやり方ですので、参考程度にしてこれが正しいなんて思わないで読んで下さい。








ロスカット手法


損切りが重要だと前回も書きましたが、


損切りの手法として個人的に絶対にやってる事は、


一番最初に、買いの取引が成立(=約定 やくじょう)したら、


速攻で損切りラインを決めて、損失を限定させる売り注文(=ロスカット)の設定をしてしまう事です。


正確には、約定前の買いを決める時点から、損切ラインは決めておきます。


要は、買いと売りは「常にセット」で考えていきます。




具体的には、証券会社のツールで「逆指値注文(※)」が使えるのが大前提ではあるのですが、数年前は数社しか出来なかったですが、今は多くの証券会社のツールで使えるはずです。


(※)
・指値(さしね)注文は、は「xx円(以上)で売る」「xx円(以下)で買う」
 と少しでも高く売って、少しでも安く買う注文

・逆指値注文は、「xx円(以下)になったら売る」「xx円(以上)になったら買う」
 って設定する注文方法

・成行(なりゆき)注文は、値段を指定せずに注文する事です。
指値よりも、約定する順位が最も高いと言われてます。


成行の注文に関して私の見解です。

(完全に私の勘繰りなんですが・・・)証券会社は手数料が少しでも多く取れるように少しでも多くの売買を成立させたいはずなので、指値の売買が多い時に、先に成行を優先すると多くの売買が捌けないはずで、本来は指値を優先させてから成行を約定した方が良いはずなんで、

仮に成行で約定して、想定と全然違う損する市場価格だったとしても文句言えないので、「私は」成行は使いません。(たぶん、そんなシステムにはしてないと思いますけどね。。)

というのも、どうしても朝一で約定したかった銘柄を成行で注文した事があって、寄り付き(朝一の9時)からストップ高になるような人気銘柄だったんですが、

最高値で約定させられてその後すぐに暴落して大損くらった事や、想定よりもずっと高値で約定させれた事があってから、指値以外は使わないルールに決めました。(あくまでも私の中のルールです。)






「損切りライン」は、貸借銘柄(※1)か否か、どれだけの出来高の銘柄か、値動きが激しい時や、値動きが穏やか時、直近での安値、過去のローソクの分足の動き などなどでケースバイケース(※2)なので一概に言えませんが、


(※1)
証券会社が取引所から貸借可能な銘柄。
要は信用売り(=空売り)が可能な銘柄で、利益を取るために空売りで意図的に下落させられる事ありうるか。

(※2)
このケースバイケースがキーなんですが、これ語るとすげー長くなるので控えます。






期待値が全て



1000円で100株約定したとして、

990円になったら損切ラインと設定したら、990円を以下(※)になったらで売ると設定するとツールで売ってくれます。


(1000-990)x100=1000円 の損


(※)「私は」成行の売りは使わないので、暴落時は991円か986円とか、990円を飛び超えてしまう事があるので、
暴落対策で、990円以下になったら、985円で売るって幅を持たせた設定にします。
普通に990円ちょうどになれば、990円で約定してくれるので、もし986円で約定とかになってたら、暴落だった事が分かります。
ただ、抵抗が無い方は、~以下で成行での売り設定でいい気がします。(私がやらないだけで)





1000円で1020円にまで十分上昇する確率が50%くらいあると判断したら(※)

(1020-1000)x100=2000円の得

期待値で十分に得をするのでエントリー(買う)するって考えます。


(※)この判断を数値化がするのが難しいんですが、これだけで数記事になるのでとても書ききれません。




激しい上下の値動きをしながら、上昇していきそうな時はこの損切ポイントを980円まで下げるなど変えていきます。


事故を軽傷に済ます為に安全装置である「自動ブレーキ」を常に設定する事が私は重要だと思ってます。


そして、損切りって心理的な負担が大きいので、そういうものこそ機械的にシステムにやらせてしまった方が心の健康のためにも良いです。



そしてたとえ、数回損切りしても1回の予想が当たれば一発で取り返せます。



数回の損の合計よりも1回の勝ち額の方が上回るならば、要は期待値さえ良けりゃ勝負します。



もちエントリーしても明らかに想定と違う動きする時は、問答無用で指値で損切りします。この判断を書くと長くなるので省略します。











大儲け続行中



そして、損切りせずに無事に終値で仮に1020円になったとしたら、


次は翌日以降に損切りポイントを上に変えて、例えば1005円以下になったら売ると設定して、


損切りせずに、ドンドン数日経過すれば、あとは利益がドンドンと積み増してくイメージで、


状態に応じた自動ブレーキを常時用意しておきます。


損切りせずに、そろそろ上限だと「判断」したら指値で売って利益確定って感じです。


この上限の「判断」は難しいのですが、

MACD(マックディ)というテクニカルの指標を使うのが割と有名です。

もっとも私はこのテクニカル指標なんて参考程度で、自分の中で沢山ある中の「総合判断」で決めてます。

あくまでも、ごく一例ですが、その銘柄の関連銘柄の動きや、

同セクター(同業種)のアメリカ株の前日の動き次第で、上昇中でも売りを決める事もあります。

あくまでも色々な要因の「総合判断」なので、ベストじゃないけども、過去の経験からベターだと考えるようにしてます。(3回に1回当たれば十分です。)もっとも毎回ベストなタイミングで売れる人なんて存在しません。




9/6(月)の朝に仕込んだ銘柄



2日連続 

レノバ2



9月10日 も 爆上げ中wwwww
S__1425442





そんな訳で以前につぶやいた銘柄はいまだに上昇中で、カイエン 買えるくらいは突っ込んだので、「大儲け確定」って事で損切りラインに触れずにどこまで伸びるか、どこで判断するかは分かりません。



いずれにせよ当面の風俗代は困らないかとw



ちなみに、ベルフワインさんは、塩漬けにされてたソフトバンク株がすげー上がってて、ホクホクして毎日のように風俗に行ってるようです。




このテーマ(株式投資)・・・「損切り」だけで、これでもケースバイケースや、総合判断の中身を相当省略しても、長くなるので具体的な手法を書いたらキリが無いって分かりました。。。



銘柄選定なんて書き出したら、もう切り無いです。



では、良い週末をお過ごしください。




ちゃちゃん。