どうもローンイマイです。



ホテルで嬢が来るまでの 暇つぶし にでも読んで下さい。


追記でチョコチョコと更新したりしますんで。



沢山のレポートを頂いても更新はホント怠ってるし、


参加希望の方への返信も全然してないし。。。。


レポート更新が面倒病にかかってます。



1から記事作ると時間かかるんですが、同じ記事内に追記とかは、たいして時間かからないので、そんな記事ばっかり更新する始末です。



'20/04/08

街をトラックで消毒





'20/04/04


こんな暗い時こそ。

lupin






'20/03/28

暇ネタです。

巨乳ガチャ




'20/03/27


コロナに関連して







コロナに関連して

ウイルス感染をテーマにしたお勧め映画を紹介します。



アウトブレイク

この映画を観たのは、学生時代で20数年前ですが、ホントに面白くお勧めできます。


アウトブレイク


アウトブレイク2


すさまじい伝染力と死亡率を持つ未知の病原体の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・サスペンス。ベストセラー・ノンフィクション『ホット・ゾーン』(飛鳥新社刊)でも扱われたエボラ出血熱の事件をモチーフに、科学的根拠に基づくリアルでスリリングな恐怖が展開する。監督は「U・ボート」「ザ・シークレット・サービス」のウォルフガング・ペーターゼン。製作はペーターゼン、「逃亡者(1993)」「フォーリング・ダウン」のアーノルド・コペルソンとゲイル・カッツ。脚本はローレンス・ドゥウォレットとロバート・ロイ・プールの共同。撮影は「クイズ・ショウ」のミハエル・バルハウス、音楽は「ジュニア」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術はウィリアム・サンデル、編集はニール・トラヴィス、リンジー・クリングマン、ウィリアム・ホイ、SFXはボス・フィルム・スタジオ、衣装はエリカ・フィリップスがそれぞれ担当。。主演は「靴をなくした天使」のダスティン・ホフマンと「ザ・シークレット・サービス」のレネ・ルッソ。共演は「許されざる者(1992)」のモーガン・フリーマン、「ジャッジメント・ナイト」のキューバ・グッディング・ジュニア、「ディスクロージャー」のドナルド・サザーランド、「摩天楼を夢みて」のケヴィン・スペイシーほか。

1995年製作/アメリカ




コンテイジョン 

いかにして今回のようなコロナ騒ぎを対策する方法を示したような映画です。


コンテイジョン



映画.com より

「コンテイジョン」現実的な状況設定と念入りな技巧が寒気を誘うウイルス惨禍の恐怖


 新種のウイルスの恐怖を扱った映画といえば「アウトブレイク」が有名だ。ウォルフガング・ペーターゼン監督が活劇調のスリルをこめたこの映画は、エボラ出血熱を連想させる致死率100%の究極の殺人ウイルスが引き起こすパニックを描き、ウイルスが人から人へ空気感染する瞬間の視覚化まで試みていた。

 それに比べると、ウイルスの致死率がより現実的な20~30%に設定された「コンテイジョン」は、スリリングというよりひたすら不気味な映画だ。スティーブン・ソダーバーグ監督はウイルスを“見せる”ことに関心はなく、“見えない”から怖いことを熟知している。ウイルス惨禍の世界的な進行状況を「発生×日目」というテロップ付きでシミュレートし、素っ気ないほど冷徹なタッチで映画のムードを低温状態に封じ込める。フリーランスのブロガーが発信する勇み足情報が事態の混乱に拍車をかける逸話も、いかにも今風だ。

 豪華キャストの巧みな配し方にも感心させられた。グウィネス・パルトロウ扮するアジア出張帰りのキャリアウーマンが冒頭いきなり発症し、病院で無残に開頭される描写に驚愕。マット・デイモン演じる夫が医師から妻の死を説明されてもまったく現実を認識できず、「で、いつ妻に会えるんです?」と聞き返すシーンが妙に生々しい。このグウィネス死亡の衝撃的な導入部を、その後の感染経路特定のサスペンスに活用する構成がまた実にうまい。リアルな不気味さを増幅させるそのうまさのおかげで、試写の最中には咳払いひとつさえ気兼ねするはめになってしまったが。(高橋諭治)



ゴルゴ13 はさすがで、ゴルゴがウイルス感染する 「病原体・レベル4」という回があります。



113巻  に収録されていますので、気になる方はご一読を。


gorugo114



デューク東郷の乗りあわせた客船に、アフリカで密猟された野生猿が運ばれていた。その野生猿から“エボラ”が・・・・



GOLGO13-96_165




GOLGO13-96_154




GOLGO13-96_158


GOLGO13-96_185




'20/03/25

漫画家のきくちゆうきさんの「100日後に死ぬワニ」が話題になってました。


1日1個 掲載して

3月20日に100日目を迎えて連載終わりました。



 













すでにパロディもでてます。


「100日後にやられるワニ」

面白-100日後に死ぬワニ01


面白-100日後に死ぬワニ02




ホント暇 な時にどうぞ。
































はぁ~。