トランプさんの Twitter を良く読むんですが、まあ~メディア攻撃をやりますが、気持ちも良く分かりますね。



8月下旬に、トランプさんが安倍首相に6月の日米首脳会談で「真珠湾攻撃を忘れないぞ」と言ったとワシントンポストが報じました。


これは、対日貿易赤字の削減の圧力を強めるのが狙いだ!とか。。。


これを受けて日本のメディアは、ワシントンポストの記事が全て正しく、「真珠湾攻撃を忘れないぞ」と言ったかどうかは裏を取る事なくそのまま報じる。


総裁選に立候補してる石破茂さんもその報道を受けて、友情と国益は別だとクギを刺したとか。。。




無論、ワシントンポストはトランプに悪意を持って報道してて、

トランプさんは以前に「ワシントンポスト」の記者を締め出すと宣言してるくらいですからね。



事実は、「日本は、米国を叩く事もあるほどの強い国だ!」と真珠湾攻撃を引き合いにしてジョークを言ったと、産経新聞が確認してます。


菅房長官が「ご指摘のような事実はありません」と定例会見で言っても当然テレビのニュースでは全カット。見れるのは youtube だけ(笑)



ワシントンポスト、CNNともにチャイナネットワーク、クリントンネットワークと悪口を言われる親中国のメディアです。




安倍さん、石破さんの 総裁選 の争点も、メディアでは完全的外れで、石破さんは財務省と同じ考えの、増税賛成の典型的な緊縮財政派です。


この安倍政権での失策は、8%への消費増税と、公共投資を減らした事です。


まともな政策は、2%のインフレ目標を掲げ金融緩和して失業率を減らした事と、10%増税を延期した事です。



経済政策を争点にしてメディアが流す事は無いんでしょうなぁ。。。




この辺りの経済の話は、また今度します。