どうもローンイマイです。


月末になったので11月のパスワード更新を頑張ってやります。


#パスワードの更新についてはプライベートモードにて。






沢山のレポート(⇒参照を送って貰ってるのに、貰ったレポートをあまり更新できずに申し訳ございません。


時間が出来次第、何とか更新したいと思ってます。


投稿者の方へ>
和韓問わずに、送ったレポートが上記に載せられてるかはチェックお願いしいます。







先週は仕事が忙しくて新サイトも少ししか記事更新できませんでした。

(深夜に会社から何度か呼び出しを喰らって、昼夜ぶっ通しで仕事した日が数回もあったので)





新サイト(下記リンクから)は1日平均で3個以上記事更新して週で20個は皆さんから貰ったレポートを掲載して、過去1ヵ月以内に貰ったレポート以外は年内に全部掲載しようと思ってたんですが、残り2ヵ月で掲載できるかは微妙な状況です。







さて、話は変わって


風俗店からした場合の上客は、頻繁にお店を利用してくれるお客さんです。




ローンイマイは、今は風俗は多少仕事が忙しくても平均して週1程度の利用で、★4.0 以上(裏返し=リピート)が付けられる子以外は、基本はレポしないようにしてるので、(∵管理人がネガレポするとホントにクレーム多いんです。。。。)どの子に入ってるかも皆さん知らないと思いますが、


(良かった子でも、レポ書く時間が無いので、レポして無いケースもあります)



過去20年以上の間に風俗に x000万円も使ってきた、世間一般からすれば頭のネジが数本抜けてて、下半身のネジは緩みまくってる奴なので、最上位の上客に属するでしょう。。






風俗以外でも上客リストに載ってる分野があります。




それは自動車のメーカーの顧客リストです。



だいたい2~3年に1回の周期で車を乗り換えるからです。



車の乗り換えが多く直ぐにその車に飽きる奴は、彼女を乗り換えが多く直ぐに彼女に(乗り)飽きるって話は正しいと思います。


新人好き、仮に新人で無くても鮮度の良い子が好きなのは女の子だけで無くて、車でもそうなんです。


ホントどうしようも無い奴だと我ながら思います。





これは今までブログに書いた覚えが無いのですが、趣味と言っていいか分からないんですが最新の車を試乗予約して乗りに行くのが非常好きです。



無論、次に乗り換える車を探すのに試乗するのですが、彼女と違って無料で乗る(試乗する)事が出来ます。




自動車は我々一般人が接する最新テクノロジーの結集の一つだと考えてます。



いかに安全。すなわちいかに交通事故を防ぐかは、プライスレスで人の命に直結するので多少値が張ろうともお金をかけても良いって自分を納得させてます。


次に何の車に乗るかがモロバレですが、現在の世界でも最も安全な機能を搭載した彼女(現在考えうる最先端の彼女)に乗り変えたいと思ってます。

(もし鶯谷でホテルの駐車場に停まってても悪戯しないでね。)


現在この機能が車では最も安全です。




以下、引用





Lexus Safety System+Aの最新情報

Lexus Safety System+(セーフティセンスP)に比べて、大幅に安全性能や自動運転技術が向上したLexus Safety System+A。

Lexus Safety System+が備わっていた機能に加えて、さまざまな新機能が搭載されています。
001
出典:レクサス公式



では、Lexus Safety System+AがこれまでのLexus Safety System+に比べてどのように進化したのか詳細に解説します。

衝突回避支援が可能な範囲が大幅に拡大した

これまでのLexus Safety System+では、車が事故を起こしそうになった時に、それを防ぐためのサポートとなる対象ケースが、

  • 追突事故
  • 歩行者事故
  • 走路逸脱事故

でしたが、Lexus Safety System+Aでは、これらに加えて、

  • 自転車に対する事故
  • 夜間の歩行者に対する事故
  • 交差点での出会い頭での事故
  • ガードレール等の路外逸脱事故
  • ドライバーが異常な状態になった場合

のケースにも対抗できることとなりました。

そのために追加された機能が次の通りです。

自動ブレーキシステムの範囲拡大~全方位センシング~

これまでは、

  • 単眼カメラ
  • 前方でのミリ波レーダー

の装備によって、車の前方部分が監視されている状況でした。

これがLexus Safety System+Aでは、

  • ステレオカメラ
  • 前方ミリ波レーダー
  • 前側方レーダー
  • 後側方レーダー

へと装備内容が変更されました。

これによって、

  • 前方にいる車両
  • 横断している歩行者
  • 横断している自転車
  • 後方からの接近車両
  • 前側方から割り込んでくる車両

を検知することが可能となり、車両の全方位での監視を実現できるようになりました。

歩行者衝突回避に新システム~アクティブ操舵回避支援~

自動ブレーキシステムであるプリクラッシュセーフティシステムにアクティブ操舵回避支援機能を今回新たに追加。

アクティブ操舵回避支援機能は、車が歩行者との衝突が不可避となるとシステムが判断した場合に、操舵制御によって車体を歩行者にぶつからないように支援する内容となっています。

~Lexus Safety System+Aの自動ブレーキシステム作動の流れ~

002



Lexus Safety System+Aの自動ブレーキシステム(プリクラッシュセーフティシステム)の作動についての流れは以下の通りとなります。

  1. 前方車線内の歩行者と接触する危険性がある場合に、警報音と同時にヘッドアップディスプレイによる歩行者の存在を表示して注意喚起
  2. さらに衝突の危険がある場合に、プリクラッシュブレーキシステムが作動し、ブレーキ制御の支援が行われる
  3. ブレーキ制御だけでは衝突する可能性が非常に高いとシステムが判断した場合に、自動で操舵制御が行われ衝突回避支援が行われる(アクティブ操舵回避支援)

さらに、ガードレールのように連続した構造物にも同じように対応しています

ドライバーの体調急変等の運転異常事態にも対応


003






ドライバーが運転中に体調が急変して運転ができなくなったという緊急事態が発生した場合に、

  • ドライバーの早期救命救急
  • 事故回避

に対応するためのシステムドライバー異常時停車支援システムも新採用されました。

これは、高速道路の運転支援システムである“レーントレーシングアシスト (LTA)”機能をオンにして使用している場合に作動される仕組みとなっています。

その仕組みとしては、ドライバーのステアリング無操作状態が続き、ステアリングマッチセンサー等のシステムが異常を検知した場合に、車外にホーンとハザードランプ点灯で異常を知らせ、そして走行車線内でゆっくりと減速して自動で停車するようになっています。

そして、停車後は、ドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請が行われるようになっています。

Lexus CoDrive~自動運転に近づいた新システム~

Lexus Safety System+Aで最も注目ポイントと言えるのが、高度運転支援技術「Lexus CoDrive」

Lexus CoDriveには、以下の機能が採用されています。

レーントレーシングアシスト (LTA)

レーントレーシングアシスト (LTA)は、いわゆるレーンキープアシスト(LKA)機能のこととなります。

車線からはみ出ないように自動で制御し、さらに車線の中央維持をして走行できるシステムとなっています。

車線中央維持機能があることで、なめらかでふらつきが少ないレーン中央での走行が可能となっています。

渋滞による車間が詰まった状態での低速走行時等の車線を認識できないケースでもこのシステムが使えるように、カメラによる白線の検知に加えて、先行車の走行軌跡を利用した追従をすることによって適正な走行ラインを算出させて対応しています。

004



レーンチェンジアシスト (LCA)

レーンチェンジアシスト (LCA)は、レーンチェンジ(車線変更)を支援する高度運転支援システムです。

ドライバーが、高速走行時に方向指示レバー操作を動かすことで、ミリ波レーダーが車両周辺の安全を確認し、ステアリング操作を支援してレーンチェンジが実施される仕組みとなっています。


005


パーキングサポートブレーキ~駐車場でもより安心に停車・発進~

これまで採用されていた「インテリジェントクリアランスソナー」「リヤクロストラフィックアラート」に加えて、世界初となる対後方歩行者サポートブレーキが新採用されることになりました。

世界初のシステムとなる対後方歩行者サポートブレーキは、車両後退時に歩行者等を発見すると自動ブレーキが作動するシステムになっています。

Lexus Safety System+A

Lexus Safety System+Aのポイントを大きくまとめると、

  • 全方位に対応した安全システムの充実化
  • 自動運転に近づいたLTA、LCAという新システムの採用

という2つのポイントが重要な所となります。




引用終わり。


こんな彼女が欲しいですね。



ウッディ_4





ちょうど東京モーターショー2017 に行こうと思った所だったのでこんな記事書いてみました。












これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。