どうもローンイマイです。


週末なので適当にローンイマイが思った事を書くクソみたいなコーナーです。



 


ミサイル防衛


ひらりマントって・・・





大事件が起こってますのでNHKニュースを引用します。


 


引用元:NHKニュース



北朝鮮がミサイル発射に失敗 韓国軍発表
4月16日 10時07分

韓国軍は、北朝鮮が16日朝、東部から何らかのミサイルの発射を試みたものの失敗した見られると発表し、韓国軍とアメリカ軍が情報の収集と分析を急いでいます。

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が16日朝、東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から何らかのミサイルの発射を試みたものの、失敗したと見られると発表しました。韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報を収集し、ミサイルの種類などについて分析を急いでいます。



北朝鮮は、今月5日、同じシンポ付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射し、アメリカ国防総省の当局者は、発射されたのが射程が1000キロの中距離弾道ミサイル「スカッドER」だったと見られ、発射後まもなく制御不能に陥って発射に失敗した可能性が高いとしていました。一方で韓国軍は、ミサイルがSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを地上配備型に改良した、新しい中距離弾道ミサイル「北極星2型」である可能性もあるとの見方を示し、分析を進めていました。



北朝鮮は、先月から行われているアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習に強く反発していたうえ、15日はキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の祖父、キム・イルソン(金日成)主席の生誕105年だったほか、25日には朝鮮人民軍の創設85年と、記念日が相次ぐため、国威発揚などを目的に新たな挑発に踏み切るおそれがあるとして米韓両軍が警戒と監視を強化していました。



米軍「弾道ミサイル 発射直後に爆発」
アメリカ太平洋軍は日本時間16日午前6時21分、北朝鮮によるミサイルの発射と見られる動きを探知したと発表しました。太平洋軍は、弾道ミサイル1発が東部のハムギョン南道シンポ付近から発射され、発射直後に爆発したと見られるとしています。太平洋軍はミサイルの種類について現在、分析中だとしています。


 
トランプ大統領 報告受ける
アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は現地時間の15日、北朝鮮によるミサイル発射について報告を受けたということです。トランプ大統領は現在、南部フロリダ州の別荘に滞在していますが、NSC=国家安全保障会議のスタッフらが同行しています。


また、ペンス副大統領も訪問先の韓国に向かう専用機の機内で報告を受け、トランプ大統領と連絡をとったということです。ペンス副大統領は16日午後、韓国に到着する予定で、17日大統領の職務を代行するファン・ギョアン(黄教安)首相らと会談し、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応について意見を交わすことにしています。
ピョンヤンは
北朝鮮のキム・イルソン主席の生誕105年に合わせて、首都ピョンヤンに滞在しているNHKの取材班によりますと、北朝鮮の国営メディアはミサイル発射などの情報を一切伝えていません。



取材班が滞在先のホテルから確認するかぎり、15日の大規模な祝賀行事から一夜が明けて、市内は人影もまばらで平穏だということです。また、ホテルでは、ふだんどおり大勢の外国人観光客がバスに乗り込み市内見学に出る様子も見られたということです。
日本政府「直ちに影響ない」
政府は、北朝鮮が16日朝、ミサイルの発射を試みたものの失敗したと見られることから、日本の安全保障に直ちに影響が出ることはないと見ています。総理大臣官邸の危機管理センターに設置している、北朝鮮情勢に関する官邸対策室では、関係府省庁の情報を収集し、分析にあたると同時に、引き続き警戒監視に努めることにしています。
外務省関係者は、NHKの取材に対し、「報道されている内容は承知している。北朝鮮情勢については常日ごろから情報の収集や分析を行っているが、現時点で、わが国に飛来するミサイルは確認されておらず、わが国の安全保障に直接の影響を及ぼす事態が起きているとは認識していない」と話しています。


 
北朝鮮 最近のミサイル発射
北朝鮮は、去年2月に事実上の長距離弾道ミサイルを発射して以降、弾道ミサイルの発射を繰り返してきました。

去年、発射されたのは、新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイル、それに、中距離弾道ミサイル「ノドン」や、短距離弾道ミサイル「スカッド」など、射程の異なる弾道ミサイルで、その数は20発余りに上ります。

ことしに入ってからは、2月にSLBMを地上配備型に改良した新しい中距離弾道ミサイル「北極星2型」を発射したのに続き、先月6日に、北西部のピョンアン(平安)北道トンチャンリ(東倉里)付近から日本海に向けて、中距離弾道ミサイルの「スカッドER」4発を同時に発射し、北朝鮮は、在日アメリカ軍基地への攻撃を想定した訓練だと発表しました。
また、先月22日には、東部のウォンサン(元山)付近からミサイル1発の発射を試みたものの、失敗しました。

さらに、今月5日に東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射しました。このミサイルについて、アメリカ国防総省の当局者は、射程が1000キロの中距離弾道ミサイル「スカッドER」だったと見られ、発射後まもなく制御不能に陥って、発射に失敗した可能性が高いとしています。
一方で、韓国軍は、ミサイルがことし2月に発射されたSLBMを地上配備型に改良した新しい中距離弾道ミサイルの可能性もあるとの見方を示し、分析を進めていました。




このニュースに触れたらキリがないので触れません。





さて、昨日は北朝鮮有事が起こって、もしもJアラート(全国瞬時警報システム)(※)が鳴ったら・・とか色々な事を自分なりに考えてました。



※弾道ミサイル、航空攻撃、大規模テロなどが政府から発表されると、警報がなるシステム




この記事(→参照の続きになりますが、


今、米空母カール・ビンソン(※)が朝鮮近郊にいますが、


※全長333mは最大最新で10年間無補給で動けて、このたった一隻で世界中のどの国とも互角以上に戦闘可能と言われてる空母です。

Carl_Vinson_(CVN_70)




このカール・ビンソンは原子力空母です。

この原子の力エンジンを作ってるのは、「 ウエスチングハウス 」という会社で、東芝が2006年に買収したけど、結局この原子力事業の巨額損失の為に東芝は酷い目にあった訳です。


空母のエンジンは言うまでも無く、軍事機密の塊の訳で、

親会社が日本企業になったからと言って、アメリカの安全保障上、一切このエンジンの設計にはタッチ出来なかったんでしょう。



なので、東芝は自分の子会社で作ってる製品の設計も性能すら知らないって状態だった訳で、東芝幹部が設計を見ようとしても、アメリカの国防関係者が完全に守っていたんですね。


そんなもんを買って、完全なブラックボックスの製品を扱ってて経営なんぞができる訳なくて、巨大赤字が出てても東芝の経営陣は去年末まで全然知らなかったんって言うんだから、経営破たんはしても仕方が無いよね。



あと、ウエスチングハウスの買収を東芝に持ち掛けた経済産業省も責任とれよ。




それに、東芝が上場廃止か否かの瀬戸際に立ってるけど、上場廃止になったら資金調達が出来なくなって死に体なるんだから国も救ってやれよ!!



東芝の半導体メモリー事業 をいかに高い値段で売却するかを検討してて、今入札に名乗りを入れてるのが日本企業がどこも買収に手を挙げたないみたいだけども、そんなもん国外に売って言い訳ないだろ!!!


原発ビジネスや、今回の東芝メモリー も、非常に高い技術力の結集は、非常に高いリスクを持つもので、

飲食店を売買するのと訳が違うんだっちゅうの!!



純然たる民間企業だからって、国が放置するってのは通常の国家運営の常識からしてあり得ないはずで、


東芝メモリーのSSD(ハードディスクのより優れたもの)なんて、今後AIが発達して来た時の必要不可欠な商品な訳で、今後何十兆という利益をもたらす可能性があるんだっちゅうの!!



半導体メモリーなんて日本の防衛力の要だろうが!!

何もかもマーケットメカニズムに任せたら良いってもんじゃないんだよ!!

こういう日本のお宝のような 産業は守るのが、まともな国家なんだよ!!!


何考えてんだ政府は!!




さっ、ローンイマイが思った事を書きだすとキリが無いので、ここで止めます。






北朝鮮がミサイル発射の続報はニュースで見て下さい。








今日も明日も平和であって欲しいです。


(まあ、失敗とは言えミサイル発射しといて黙ってるわきゃないか・・・)